子育て応援

転んで手が出ず、、、

「転んで手が出ず顔を打ちました」
どうしたら手が出るようになりますか?

というご質問をたまに受けます。

しかも、予想以上に多いです。

結論、コレをすればOK!という、そんな便利なものはありません。

でも、何かが足りないからそうなるんですよね。

その、「何か」の正体はコオーディネーション能力かもしれません。

顔から転んで歯が折れた

顔から転んで「鼻を打った」とか、「鼻血が出た」はよくあるのですが、「歯が折れた」もたまに耳にします。

「手が出ない」だけでも驚きなのに、、、

ウソみたいで本当のお話です。

転べば反射的に手が出るものだと思っていたのですが、そうではないようですね。

では、なぜとっさに手が出ないのか?

実際に、転ぶ瞬間を見たわけではないので何とも言えませんが、いくつか予想してみます。

  • よそ見をしていた
  • 予測できなかった
  • 反応が鈍い
  • アクセルに対してブレーキの筋力が足りない など

こんなところでしょうか。

これらは全て、遊びの中で解決できます!

1つ挙げるとすれば、やっぱり「鬼ごっこ」。
*鬼ごっこ最強説

いろいろな鬼ごっこだけやるスクールがあってもいいくらい!

歯が脱臼しちゃうこともあるってさ

2022年の新年早々、「歯が脱臼したのでお休みします」という連絡をいただいたのは、つい最近のこと。

その時はじめて、歯も脱臼するということを知りました。

セメントで固める必要があり、食事も一苦労。

子どもの場合、歯の根っこ(歯根)がまだ完成していなければ、再植後に神経が生き返る可能性も高いようです。

できれば、歯が折れたり、顔面を打ったりしたくないですよね。

そうならないためにも、鬼ごっこをたくさんしてください。

それが難しいなら、大怪我をしない程度の危険、適度な危険をなるべくたくさん経験させてあげてください。

もしかしたら、知らないうちにヘリコプターペアレントになっているかもしれません。

おしまい。

コメント