コオーディネーション

運動神経の良し悪しについて解説!

運動神経

「うちの子がどんくさいのは私が運動音痴だから?」

「誰に似たのか?この子は運動神経が悪い…」

そう思ったことはありませんか?

そして、

  • 運動好きになってほしい!
  • スポーツで活躍してほしい!
  • 明るく自主性・社会性のある子に育ってほしい!

でも、「子どもと何をして遊べばいいかわからない」

「何のスポーツをさせればいいかわからない」と思っているのではないでしょうか?

運動神経が良い子と言えば、パッと思いつくだけでも

  • 足が速い
  • ボールさばきがうまい
  • バランス能力が優れている
  • すばしっこい

などがあげられると思います。

これらの秘密は、コオーディネーション能力と呼ばれるものにあります!!

コオーディネーション能力とは一体何なのか?

人は、信号の色に反応して行動したり、よーいドンのピストルの音を聞いてスタートしたり、音楽に合わせて踊ったりします。

カラダの中ではどうなっているのかというと、

  • 視覚や聴覚、触覚などの感覚器で情報を受け取り
  • 受け取った情報を脳で処理します
  • 動作実施に向けてイメージ、プログラミングし
  • 筋肉や腱、関節など身体各部位で操作・調節して
  • 実際の動作が行われます

この、神経系を介した一連の流れをより速くスムーズに行う能力をコオーディネーション能力といい、その能力を向上させるトレーニングをコオーディネーショントレーニングといいます。

コオーディネーション能力には、定位・反応・バランス・リズム化・分化・連結・変換・スピードの8つの能力がありますが、これらを満遍なく鍛えることでいわゆる運動神経が良くなります(詳細は次回以降の記事で説明していきます)。

というわけで、運動神経が良いの正体は、インプットしたものを操作・調節してアウトプットする能力だったのです。

そして、この運動神経の良さは遺伝ではなく、育むことができるんです!

コオーディネーショントレーニングを子どもがやるとどうなるの?

筋トレは成長期が過ぎてから!というように、何事にも発育・発達に適した時期というものがあります。

生後すぐに急激に発達するのは神経系といわれています。神経系はコオーディネーション能力と密接に関係し、4~5歳で80%が完成し、6歳で約90%が完成します。その後20歳くらいでピークを迎え、年齢を重ねるにつれて緩やかに低下していきます。というわけで、コオーディネーショントレーニングに最適な時期は0歳~12歳(特に6歳)となります。

コオーディネーション能力はスポーツの土台ともいえるもので、土台が大きければ大きいほどピラミッドも大きくなります。

つまり、学校年代以上でスポーツを行う際の伸びしろが増えたり、 選択肢の幅が広がったりするのです。また、より高い所(世界)を目指すことも可能になるし、何をやってもうまくできるというのはここからきています。

結論:スポーツをはじめる前にコオーディネーショントレーニングで土台作りをしよう!

コメント