子育て応援

もう迷わない!こどもの靴の選び方

左右非対称ソールを売りにしている「瞬足」。

陸上トラックのカーブが曲がりやすい!という、あの靴ですが、「私はトレーナーとしてオススメしません」とお伝えしたところ、「じゃあ、どんな靴がいいの?」という質問をいただいたので、解説していきます。

こどもの靴の選び方

まずはサイズ感

すぐ大きくなるからと、大きめの靴を買いたい気持ちもわかるのですが、靴だけはお金をかけてください!

もし、あなたが借りたサンダルが大きかったら、歩きにくくないですか?
もし、大きい靴を履いて車の運転をしたら、アクセルやブレーキのペダルの力加減が難しくないですか?

サイズが大きいと、うまく地面が蹴れないので危ないのはもちろん、「器用さ」の感覚がおバカになっちゃいます。

逆に、小さすぎるものNGです。

痛みのせいで足回りの使い方がおかしくなれば、その上の膝・腰・肩もおかしくなってきますよ。

靴本体としては、

  • 母指球のところでソールがしっかり曲がるか
  • ヒールカップルがふにゃふにゃではないか
  • 中敷きはアーチが保たれやすくなっているか

が重要です。

そんなこと言われてもよくわからないよ、と言う方は、日本の老舗メーカーの靴ならほぼほぼ間違いないですよ!

ア〇ックスとか〇ズノのことね。

ちなみに、アウトレット商品は△です。
*中敷きやソールに問題が隠れていることがたまにあるよ

どの靴を履くかも大事だけど、カラダの状態はどうかの方がもっと大事

KTラボ運動教室では、こどもたちのその日の気分によって裸足でも靴下でもインシューズでも、自由に選べるスタイルです。

靴選びより大切なのは、しっかりした足裏のアーチを形成していくこと。

偏平足の子、内反/外反している子って、実はものすごく多いよ!

自分のカラダなら、どんな靴を履いても大丈夫!といえるように、幼少期からカラダ作りをしていきましょう♪
大きくなってからの姿勢や運動能力、ケガ、肩こり、腰痛などと密接に関係してくるよ。

海で、山で、公園で、裸足でたくさん遊ぼう!!

おしまい。

コメント