子育て応援

【食べ物にまつわる恐ろしい話③】ゼロカロリーやカロリーオフの隠れた罠

これからやって来る、暑~い・夏!!

シュワッと甘くて美味しい炭酸飲料を飲みたくなる方も多いのではないでしょうか?

でも、カロリーが気になるからと、「ゼロ」や「オフ」と表記されているものに手を伸ばす。

私のことだ!

と思ったあなた、要注意です⚠

今回は、「ゼロ」や「オフ」と人工甘味料についてお話していきます。

結論、私はコーラを飲むなら、普通のコーラ。

「ゼロカロリー」や「カロリーオフ」ならどれだけ飲んでも太らない?

「ゼロカロリー」というと一般的にはカロリーが無い状態、「カロリーオフ」はカロリーが低減された状態を指しますが、日本における食品の場合、日本の栄養成分表示の定義を把握しておく必要があります。

栄養成分表示によると、

「ゼロ」「ノン」の表示(100gまたは100mlあたり)
・エネルギー(kcal) 5kcal未満で表示可能(ex.ゼロカロリー、ノンカロリー)
・脂質 0.5g未満で表示可能(ex.ノンファット)
・糖類 0.5g未満で表示可能(ex.ノンシュガー、ノンカーボ)
「オフ」「LOW」の表示(100gまたは100mlあたり)
・エネルギー(kcal) 飲料20kcal以下・食品40kcal以下で表示可能(ex.カロリーオフ、低カロリー)・脂質 1.5g以下で表示可能(ex.ローファット)
・糖類 2.5g以下で表示可能(ex.低糖)

つまり、カロリーは実質ゼロではないということです!
そして、分かりにくいのが「糖質」ではなく「糖類」とされている点。

栄養成分表示では、糖類は単糖類(ブドウ糖・果糖など)と二糖類(砂糖・乳糖など)を指します。
*多糖類は含みません

結論、「ゼロ」や「ノン」と表示されているからといって、大量に口にすればカロリー過多となります。

そして、カロリー以上に恐ろしいのが、これらの商品に含まれる人工甘味料です。

ゼロカロリー飲料を飲み続けたら、逆に太ったという話はよく聞くよ。

ゼロカロリーなのになぜ甘い?

ゼロカロリーなのに、何でこのドリンクこんなに甘いの?

と思ったことはありませんか?

人工甘味料の代表ともいえるステビアの甘さは、何と、ショ糖の300倍!!!
ということは、水分補給の記事でチラッとふれました。
運動時の水分補給は水とスポーツドリンクどっちがいいの?

ショ糖の300倍ですよ。
*ショ糖(スクロース)は、砂糖の主成分

あの、中毒性抜群の魔法の白い粉「砂糖」の300倍ですよ。

通常、人間は甘いもの(糖分)を食べると血糖値が上がり、インスリンが分泌され、カラダが吸収し、エネルギーとして変換されます。

ただ、人工甘味料の場合、実際には血糖値の上昇なくしてインスリンが分泌され、結果として血糖値が下がりすぎるため、もっともっと甘いものを欲するようになります。

カロリーを抑えていたはずの人工甘味料が、糖分が欲しくて欲しくてたまらない状態にしてしまうのです。

結果として、ダイエット飲料を飲めば飲むほど太りやすく(欲しがりに)なるのです。

人工甘味料摂取による3つの危険

①肥満街道まっしぐら
これは、上で述べた通りです。

②味覚が狂う
強烈な甘さの人工甘味料に慣れてしまうと、果物や天然の甘味料を使用した食品では満足できなくなってしまいます。すると、たくさん食べたり、砂糖を大量に使ったりして満足しようとします。結果、肥満を招き、負のループに陥ります。

③依存症になりやすい
喜びを感じたときには、ドーパミンという脳内物質が分泌されます。もっと欲しい、もっと食べたい欲求が強くなると、ドーパミンが過剰分泌され、依存状態に陥ります。食べることで一時的に満足はしますが、その満足感はすぐに無くなるため、自分ではコントロールできない程の暴飲暴食、甘いもの依存症へとなっていきます。

こうなると、糖尿病をはじめとする生活習慣病にかかりやすいのは誰もが想像できるのではないでしょうか。

コロンビア大学の研究によると、毎日、人工甘味料入りの炭酸飲料を飲んでいた人は、飲んでいなかった人と比べて、脳卒中や心筋梗塞などの心血管系疾患を発症するリスクが43%高かったという報告があります。

カロリーを抑えた代償としては、大きすぎます。

結論

冒頭の、コーラを飲むなら、普通のコーラ。

という理由を最後にザックリ説明します。

普通のコーラの主な甘味成分は「果糖ぶどう糖液糖(人工的な果糖が50%以上90%未満)」です。

ここでは、果糖ぶどう糖液糖の説明は省略しますが、果糖ぶどう糖液糖と人工甘味料のどちらが良い悪いというわけではありません。

どちらにしてもカラダに悪いなら、美味しい方を飲む、という理由でした。

<豆知識>
マイクロソフト創業者で大資産家のビルゲイツ。
コカ・コーラ社の株を保有していた時の話では、いつもカバンの中にダイエットコーラが入っていたんだとか。
理由は、「普通のコーラよりダイエットコーラの方が利益率が高いから」なんだって。

どんな意識で、何を口にするかはあなた次第。

おしまい。

 

コメント