コオーディネーション

こんなに練習してるのに、何で上手くならないの?

野球をやったことがない人でも、バッティングセンターに行ったことがある人は多いはず。
テニスをやったことがなくても、バトミントンで遊んだことがある人は多いはず。
ゴルフをやったことがなくても、お箸は使っていますよね。

お箸は自由自在に扱えるのに、バットやラケットになると思うようにいかないのはなぜでしょう?

「量質転化の法則」

「量質転化の法則」と言われても知らないよという人もいれば、なんか聞いたことはあるな~という人もいるでしょう。

「量質転化の法則」とは、ドイツの哲学者:ヘーゲルが説いた弁証法の基本三原則の1つです。

哲学とか弁証法とか難しそうですが、つまりは、「量をこなしていくと質へと転化するポイントがあるよ。質が上がった分、量を増やすことができるよ」ということです。

なーんだ、それなら私は何事も一生懸命練習してるから、もっともっと練習すればいいんでしょ!と思った方、そんな単純なことではないかもしれません。

コオーディネーショントレーニングと絡めてお話していきます。

練習「量」をこなせば「質」が上がるのは当たり前

野球部に入った野球未経験のAくん。
Aくんが毎日素振りやキャッチボールなど、ひたすら練習すれば上手になるのは当然ですよね。

部内で一番上手なBくんと同じくらい上手になったからといって、「量質転化の法則」を念頭に置いて、さらに練習に練習を積み重ねれば、ダントツで上手くなるのでしょうか?

そんなことないですよね。

質へと変化するポイントがある

水で例えてみます。

水は、火にかけるとお湯になり、熱湯になり、水蒸気となります。
液体から気体になるポイントは100℃。

100℃でも120℃でも、水蒸気へと変化した状態が変わるわけではありません。
そのまま沸騰し続けると、いずれ無くなります。

ひたすら練習すれば良いわけではない!

野球の話に戻します。

上手になったAくん。
さらに素振りやキャッチボールの練習をしても、それ以上は思ったほど変化しないでしょう。
120℃で量だけこなしたら、おそらくどこかを痛めてフェードアウトします。

筋トレにしても、スポーツにしても、「こんなに一生懸命やってるのに、どうして思ったほど効果が出ないんだろう?」と感じる人は多いはず。

それでも、ライバルたちも頑張っているからと、毎日毎日同じことばかりを繰り返す。
そして、多くの人はケガをしてから気づきます。

  • ストレッチやケアが足りなかった
  • インナーマッスルの重要性に気づかなかった
  • アンバランスだった

そして、あまり知られていない(気づかない)のが、「コオーディネーション能力が欠けていた」。

コオーディネーション能力が足りなさすぎれば、早い時期にやっているスポーツで頭打ちになるでしょう。
そこそこコオーディネーション能力があれば、そのスポーツで結構いい線までいって、何かが足りないと思うでしょう。

*大人がコオーディネーショントレーニングを取り入れても伸びます。

提案

思い切って、スポーツを練習する時間・スキルを磨く時間を減らし、コオーディネーショントレーニングの時間を増やしてみよう!
*コオーディネーション能力が欠けているばかりが原因ではないと思うので、最終的な判断はご自身で♪

コメント